ITインフラ、セキュリティ、コマース、広告など、様々な領域で事業を展開するNHN テコラスでは、ともに働く仲間を募集しています。
今回はNHN テコラスの今後のカギを握るというウワサ!?のデータ研究室について、社員インタビューを通じて具体的な業務の内容や募集中の職種についてご紹介します。


―――――データ研究室のお二人、よろしくお願いします!
さっそくですがデータ研究室とはどういう部署なのか簡単にご紹介いただけますか?

データ研究室はBIチームとデータサイエンスチームの2チーム体制で組織されています。

BIチームは当社やNHN グループが展開する各事業が生み出す膨大なデータを蓄積、Hadoopというデータの分散処理技術を用いて集計、分析、可視化などを行っています。膨大なデータから価値を見つけ出し、事業の方向性・意思決定のサポートとなる重要な根拠を追求しています。

データサイエンスチームは、当社のサービスをご利用いただいているお客様に向けて、機械学習・自然言語処理などのAI技術を用いて、収集したデータを活用しレコメンドやクラスタリング、機器故障予測など、様々なユーザーニーズに応じたソリューションを開発しています。またそれらのソリューション開発を通じてお客様に付加価値の高いサービスを提供していくことをミッションとしています。

データ研究室2
―――――なんだか、難しい言葉がいくつか出てきましたね・・・。

専門用語は多いのですが、一言でNHN テコラスのデータ研究室の特長をあげるなら、「膨大なデータと分析ノウハウの両面を保持」していることです。

データの分析においてお客様からは
「データは貯まってきたけど、データの使い方・分析方法がわからない」ですとか、
「分析ノウハウはあるけど、データをもっていない」というご相談が多く寄せられます。

当社はインフラを持ち、また自社グループでアプリ・サービスを運営しているのでデータを大量に蓄積しています。そして、それらを分析するチームもあります。
データと分析ノウハウを兼ね備えているのがNHN テコラスの強みなんです。

―――――データ研究室自体は最近立ち上がった部署なんですよね。

はい。NHN テコラスの部署としては今年新設されたのですが、機能としては以前からNHNグループ各社に同様の組織があり、今年、2月に行われた組織再編のタイミングでNHN テコラスの新たな部署として立ち上がったという経緯があります。歴史自体は長いんですよ。


―――――今回の中途採用ではどういった方に応募してほしいですか?

スキル面ではHadoopを使い大規模データの分析システムを開発してきた経験のある方、ECサイトなどの分析や顧客行動分析・ログ分析・モデル作成といった開発経験がある方に応募していただきたいと思っています。

またコンピテンシーの面では、チームワークを大切にする方を求めています。
データ研究室は、社内外問わずたくさんの方と関わる機会があります。“研究室”という名前から、研究だけするというイメージを持たれる方もいると思うのですが、そうではなく、「こんなデータがほしい」「こういう情報が知りたい」という依頼者の要望をヒアリングし、ミーティングを重ねながら結果を求めていく業務進行になります。ですので多くの関係者と良好なコミュニケーションを取り、業務を前へと進めて行く力がとても重要になります。


―――――データ研究室の業務スタイルを教えてください。

メンバーそれぞれが得意分野をもっていて、それぞれの専門領域からの知見やアドバイスをもとに互いに高めあいながら業務を進行するスタイルですね。

また、いろんな分野に興味・関心を持つ人が多いので、研究室内のグループチャットで、「おもしろいネタがあったよ」「こんな技術が紹介されていたよ」といった情報を共有し合うことも多いです。和気あいあいというよりは、必要な事はとことん追求する組織といったところでしょうか。


―――――最後に応募を検討中の皆さんへメッセージをお願いします!

データが大好きな人やデータサイエンティストを目指したいという方を歓迎しています。
NHN テコラスのデータ研究室で、世の中を変えられるようなサービスをともに作っていきませんか?ご応募をお待ちしています!


―――――ありがとうございました!!

データ研究室では、いままさに積極採用活動中とのこと。
「自分のスキルを存分に発揮したい方」「お客様目線で新たなサービスを作りたい」「データが大好き」「データで世の中を変えたい」という方、ぜひご応募いただけたらと思います! 

NHN テコラス 採用サイト